通帳・写真・アルバムの取り扱いについて。

遺品 通帳 写真 アルバムの取り扱い

さいたま市 遺品回収 片付け 埼玉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

通帳・写真・アルバムの取り扱いについて。

お客様と一緒に故人を偲び、遺品を整理する、元ホテルマンです。

遺品の整理現場で、よくでてくるものは、以前に利用していた銀行の通帳・写真・アルバム・学校時代の修了証書・記念切手などです。

銀行の通帳については、旧銀行(名称が変わった)ところが多く、富士銀行・第一勧業銀行などと聞いても、今の若い方は知らないかもしれません。

ただ、旧銀行の通帳が合併され名前が残っていなくても、合併先の銀行では有効です。休眠口座」などと言われることもありますが、本人の確認が取れれば引き出すことができます。(ご遺族の場合には別途手続きが必要。)

また、故人の部屋にはその方たちの生前のアルバム、写真が必ず残されています。

古いアルバムの写真

ご高齢の方の部屋では、白黒写真だったり、カラー写真でも、その時代の光景が残された写真がよくあります。

遺品整理を業者に任せるときに、ご遺族の方が事前に部屋の中を確認した後でも、現金などが布団に挟まっていたり、押し入れの奥に懐かしい写真が残っていたりします。

写真・アルバムなどを業者が、自分たちの判断で勝手に捨てるケースは少ないと思いますが、作業効率を優先する業者によっては、誤って処分されることもありますのでご注意ください。

DSC_0314遺品整理の埼玉中央店
スマフォの方、タップで直ぐ電話できます ⇒ 048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)

公式PCサイトでも当店の特徴を説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理 作業の流れ

遺品整理の埼玉中央店

スマフォの方、タップで直ぐ電話できます ⇒048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)

公式PCサイトでも当店の特徴を説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理 作業の流れ

遺品整理の全てが分かる

このエントリーをはてなブックマークに追加