このエントリーをはてなブックマークに追加
Category: デイリー

もし、遺言書を見つけたら。

お客様と一緒に故人を偲び、遺品を整理する、元ホテルマンです。稀に、部屋のなかに遺言書があることがあります。
過去、当店でも遺品整理の作業中に、3回遺言書が残っていた現場がありました。

「もしもノート」「エンディングノート」などは、書店の終活コーナーで見かける機会も増えましたが、一般の方が遺言書を目にすることは、予期していないこと。「もし遺言書を見つけたら?」 たとえ、自分の両親であっても、直ぐ開封できません。法的な決まりがあるからです。理由は、偽造、変造を防ぐためです。

封印のあるものは、 家庭裁判所において、相続人またはその代理人の立会い のもとに 開封すると決められています。昨今の「終活」ブームの影響もあって、財産・相続などを明記した遺言書を残す方が増えています。

万一、部屋のなかから見つかったら?
直ぐに、弁護士・司法書士などの専門家にご相談ください。

遺品整理の埼玉中央店

スマフォの方、タップで直ぐ電話できます ⇒048-471-0840
受付時間:平日8:00-20:00(土日祝9:00-18:00)

公式PCサイトでも当店の特徴を説明していますので、
よろしければご参考ください ⇒ 遺品整理 作業の流れ

遺品整理の全てが分かる

このエントリーをはてなブックマークに追加