埼玉 さいたま市

川口、川越、所沢、志木、上尾、新座、和光、朝霞
蕨、富士見、戸田、狭山、坂戸、鶴ヶ島、鳩ケ谷
越谷、草加、東村山、東久留米、清瀬、杉並
練馬、西東京、ふじみ野、桶川、さいたま市

知っておくべき事前知識
遺品整理をする業者は、一般的にどのような作業をするのでしょうか?

遺品整理については、なかなかイメージが湧かないかも知れませんが、まずは引越しをイメージしてください。遺品整理と一番作業内容が近いです。
その上で、遺品整理と引越しとの共通点と相違点をご説明しましょう。

1.遺品整理と引越しの共通点
引越し業者は作業当日、衣類や日常品、書籍等までのあらかじめ段ボールに入っているもの、それ以外の家具、家電等をトラックに積み込みます。
遺品整理の場合も、部屋から搬出してトラックに積み込む作業プロセスには、ほとんど違いはありません。

2.遺品整理と引越しの相違点
引っ越しは、自分で生活シーンに合わせて、荷物をまとめダンボールに詰込みます。ところが遺品整理の場合、持ち主が亡くなられているので、何がどこにあるか誰も分かりません。
「持ち主がいない荷物」を、残すべき遺品と不要品に分けて搬出するのが遺品整理です。




重要です。必ずお読みください!

業者によって、見積もりに来た人の雰囲気や、作業内容の説明がかなり違うと聞きましたが、そんなに違いがあるものでしょうか?また、どうして違いが出るのでしょうか?

最初にこの業界の特徴を知っていただくと、より良くご理解頂けると思います。遺品整理という言葉が一般的になったのは最近の話で、以前は「部屋の片付け」といった言い方で、便利屋さんの業務の一つとして行われていました。

それが、高齢化社会の進展にともなって急速に成長し、新規参入の数が予想以上に増えているのです。急成長市場で、新規参入が相次いでいる。
これがこの業界の特徴です。

参入業種の流れとしては2つのタイプがあります。
1つは、今まで遺品整理を取り扱っていなかった便利屋さんが、新たに出来るかどうかを見極めながらサービスに取り入れ始めるケース。
もう1つは、他業種からの新規参入です。

他業種からの参入は、次のようなケースです。
・不動産・葬儀業の下請けに専念していた業者が、利益率をあげるために直接受注に向かうケース。
・トラックがあり、人手の余っている業界から参入するケース。
・今まで下請けに作業をやらせていたマンション管理会社が思考錯誤をしながら参入するケース。
・今まで全く扱っていないハウスクリーニング、リフォーム会社、ゴミ処分業者等が参入するケースです。

このように、新たに参入してくる会社の業種は多岐に渡ります。そのため見積りに来た人の感じや、現場の経験もまったく異なります。

そして大きな特徴としては、業者の撤退も素早く、昨日まで営業していたところが今日は無くなってしまった、ということも最近では珍しくありません。

引越し業は「アート引越しセンター」のような専門業者の登場と厳しい競争の中で、サービスが洗練されていますが、この業界はそれ以前の状況ですので、くれぐれも誤解されないようにして下さい。

Next Page 次は、自分ですべきか、業者がすべきか?